マニュアルダウンロード
PHANTOM 4 PRO
https://www.dji.com/jp/phantom-4-pro/info#downloads


PHANTOM 4 PRO V2.0
https://www.dji.com/jp/phantom-4-pro-v2/info#downloads


MAVIC 2 PRO  /  MAVIC 2 ZOOM
https://www.dji.com/jp/mavic-2/info#downloads


MAVIC PRO  /  MAVIC PRO PLATINUM
https://www.dji.com/jp/mavic/info#downloads

MAVIC AIR
https://www.dji.com/jp/mavic-air/info#downloads


SPARK
https://www.dji.com/jp/spark/info#downloads


TELLO
https://www.ryzerobotics.com/jp/tello/downloads






 
DJI ASSISTANT 2 バナー
[ PHANTOM 4  シリーズ] [ その他の機体 ]
PHANTOM 4 PRO
PHANTOM 4 PRO V2.0
MAVIC 2 PRO
MAVIC 2 ZOOM
MAVIC PRO
MAVIC PRO PLATINUM
MAVIC AIR
SPARK


< Windows  or  Mac >
PCダウンロードアイコン
※ DJI PHANTOM 4 PRO V2.0 のダウンロードページへリンクしています。上記対象機種全てこちらで対応可能です。


< Windows  or  Mac >
PCダウンロードアイコン
※ DJI MAVIC AIR のダウンロードページへリンクしています。上記対象機種全てこちらで対応可能です。






 
[ ファームウェアのアップデートについて ]
【 重  要 】

ドローン、プロポのファームウェアアップデートは、ドローンを安全に飛行させるために必要な、非常に大切なメンテナンス作業です。アップデートを怠ると現場に行ってフライト出来ない状態に陥ったり、最悪の場合、墜落、機体ロスト、水没などの重大な事故に繋がる可能性が高くなります。分からない、面倒、などの理由で放置したりせず、毎回のフライト前に必ずアップデートのご確認を頂く事を推奨致します。

なお、アップデートの失敗を防ぐために、屋外フライト環境等では実施せずに、電源や通信設備がしっかりと確保されている自宅等の環境で実施頂く事を推奨致します。

また、アップデートを実施する際は、事前に機体バッテリー、送信機(プロポ、スマートフォン or タブレット等)の充電を行い、満充電の状態で行うようにしましょう。(充電50%以下になるとアップデートに失敗します。)

 
【 概  要 】

ドローン、プロポのファームウェアアップデートは、「DJI GO 4.0 アプリ」 「TELLO アプリ」 または、 「DJI Assistant2」 のいずれかのアプリ、ソフトウェアで行う事が出来ます。

当店が推奨する方法は 「DJI Assistant2」 を使う方法です。
 「DJI Assistant2」(PC経由)でアップデートを行うと、非常にスムーズにアップデートが完了し、時間が掛かったり、途中で通信タイムアウトなどが発生するケースがとても少ないようです。

もしアプリ経由でアップデートを行う場合は、 「DJI GO 4.0 アプリ」 「TELLO アプリ」 がドローンとリンクする際に自動的にファームウェアバージョンを確認し、古いバージョンを使用していた場合に、その旨がステータス画面(初めに表示されてくる画面)に表示されますので、任意でダウンロード、インストールを行う事が出来ます。

 
【 アプリ経由でアップデートに失敗する場合 】

「DJI GO 4.0 アプリ」 「TELLO アプリ」 など、スマートフォン、タブレットのアプリ経由でファームウェアをアップデートしようとした際に、アップデートに失敗したり、完了したかどうかが分からない状態でフリーズしたりする障害が報告されています。

これらの主な原因としては、以下のよう問題がある場合が殆どです。
  ・ ネットワーク通信環境、通信速度の問題
  ・ スマートフォン、タブレット等のスペック、リソース不足
(特にAndroid端末のスペック不足によって、スマートフォン等に高負荷が掛かり加熱してしまうことで処理能力、通信速度が一時的に低下してしまう事が原因ではないかと言われています。)

これら障害が発生すると、アップデート中にネットワーク通信が途切れたり、ドローンやプロポとスマートフォン等のリンクが切れたり、アップデートが完了せずに延々と待たされる等の問題が発生し、アップデートに失敗します。(失敗にもならず、そのままバッテリー不足で電源が切れてしまうのは何としても避けたいですね。)

当店が 「DJI Assistant2」 経由でファームウェアアップデートをお勧めするのはこのような理由からです。

PC に 「DJI Assistant2」 をインストールし、PCと機体、PCと送信機をUSBでリンクする事で、 DJI Assistant2 が自動的に該当機種の最新版ファームウェアをインストールしてくれます。

また、 「DJI Assistant2」 には高品質なビジョンセンサーキャリブレーション機能もあり、アプリ経由では出来ないメンテナンス機能となりますので、ビジョンセンサーエラーが発生した際は、必ず 「DJI Assistant2」 が必要となります。

そのような理由もあり、 「DJI Assistant2」 は必ず利用出来る環境を整えておく事をお勧めします。